7人の若手建築家によるサーファーの家展

7人の個性的な若手建築家が鎌倉、藤沢エリアを対象に、サーファーのための木造住宅を提案いたします。
会場は大船と江の島を結ぶ湘南モノレールの車内と大船駅構内。
鉄道空間を会場にするというこれまでにない展覧会です。
世界でも珍しい懸垂式のモノレールに揺られながらご覧ください。

参加建築家
大野 力    (sinato)
西田 司    (オンデザイン)
川添 善行(空間構想一級建築士事務所)
海法 圭    (海法圭建築設計事務所)
髙濱 史子(髙濱史子建築設計事務所)
田辺 雄之(田辺雄之建築設計事務所)
伊藤 立平(伊藤立平建築設計事務所)

会 期
2018年11月17日(土)~23日(金)

会 場
会期中運行の湘南モノレール全車両の中吊り2枠と湘南モノレール大船駅構内のHomeギャラリー

入場料
湘南モノレールの乗車券をご購入して、入場してください。

主 催
鎌倉・藤沢リングプロジェクト研究会
(問合せ先:http://kamafujiring.com/contact/

協 賛
株式会社シェルター

協 力
湘南モノレール株式会社

コーディネート
中崎 隆司(生活環境プロデューサー・建築ジャーナリスト)

大野 力(建築家)

1976年大阪府生まれ、一級建築士。金沢大学工学部で都市工学を学び、卒業後にフリーランスを経て2004年に株式会社シナトを設立。建築・インテリア・インスタレーションアート等、様々な規模・用途のプロジェクトを国内外で幅広くデザインし、これまでに手がけた作品は約300に上る。またその多くが世界各国で賞を受け、国際的な評価も高まっている。2016年春には全体環境デザインを担当したJR新宿駅新南エリア(改札内外コンコース・駅前広場・商業施設NEWoMan)が完成。京都造形芸術大学・昭和女子大学にて非常勤講師も務める。

西田 司(建築家)/ オンデザイン

2004年、オンデザインパートナーズ設立。「ヨコハマアパートメント」で日本建築家協会新人賞(2012年)、「ISHINOMAKI 2.0」でグッドデザイン復興デザイン賞(2012年)、「FIKA」で東京建築士会住宅建築賞(2013年)ほか受賞多数。(写真左→右)西田 司:1976年神奈川県生まれ。1999年横浜国立大学卒業。オンデザイン代表。伊藤 健吾:1992年神奈川県生まれ。2017年東京都市大学大学院修了、同年オンデザイン。吉村 梓:1991年東京都生まれ。2017年明治大学大学院修了、同年オンデザイン。田中 比呂夢:1988年埼玉県生まれ。2017年東京理科大学大学院修了、同年オンデザイン。

川添 善行(建築家)

建築家、東京大学准教授。1979年神奈川県生まれ。東京大学卒業、オランダ留学後、博士号取得。空間構想一級建築士事務所所属。「変なホテル」、「東京大学総合図書館別館」など建築を設計すると同時に、「空間にこめられた意思をたどる」(幻冬舎)、「このまちに生きる」(彰国社)などの著作もある。日本建築学会作品選集新人賞、グッドデザイン未来づくりデザイン賞、ロヘリオ・サルモナ・南米建築賞名誉賞などを受賞し、日蘭建築文化協会会長などの要職を務める。
 

海法 圭(建築家)

1982年生まれ。2004年東京大学建築学科卒業。2007年同大学大学院建築学専攻修士課程修了。2007~2009年西沢大良建築設計事務所勤務を経て、2010年海法圭建築設計事務所設立。現在、東京大学、芝浦工業大学で非常勤講師を務める。 主な作品に、『東成瀬の4層』、『tobacco stand』、『箱根本箱』など。主な受賞に、2011年GlassArchitectureCompetition優秀賞、2012年第2回郡山アーバンデザインセンター・コンペティション最優秀賞、2016年福島県建築文化賞優秀賞など。 現在、タイに計画するサービスアパートメント等のプロジェクトが進行中。

髙濱 史子(建築家)

1979年生まれ。2003年京都大学卒業。東京大学大学院に進学、スイス連邦工科大学チューリヒ校留学、Christian Kerez、HHF Architectsでのインターンシップを経て2007年同大学院修士課程修了。2007年より2012年までHerzog & de Meuron勤務。2012年 +ft+/高濱史子建築設計事務所設立、神戸大学学術推進研究員。2013年-2015年東京大学特任研究員。2015年35歳以下の若手建築家によるガラス建築の設計競技にて最優秀賞受賞、AGC Studioにて実寸大展示を行った。2017年より工学院大学非常勤講師、京都造形芸術大学非常勤講師。主な作品に「Christian Dada Singapore」「大磯の住宅」ほか。著書に『海外で建築を仕事にする』(共著、学術出版社)。

田辺 雄之(建築家)

1975年神奈川県鎌倉市生まれ。98年明治学院大学フランス文学科卒業。00年ICS卒業。03年芝浦工業大学大学院建設工学専攻修了。00~06年bews一級建築士事務所。06年文化庁新進芸術家海外研修制度でFOA/Foreign Office Architects(英国)に在籍し翌年勤務。08年田辺雄之建築設計事務所を鎌倉に設立。ICS、芝浦工業大学非常勤講師。グッドデザイン賞、住宅建築賞、軽井沢緑の景観賞、JCD国際デザインコンペティション金賞などを受賞。設計をした「ベーカリー&レストラン沢村旧軽井沢店」は国内外で高い評価を得ている。

伊藤 立平(建築家)

1974年神奈川県鎌倉市生まれ。1998年東京工業大学建築学科卒業、2000年同大学大学院総合理工学研究科人間環境システム修了。株式会社日建設計勤務を経て、2011年伊藤立平建築設計事務所設立。日建設計在籍時に建築人賞、日本建築家協会優秀建築選、日本建築学会作品選集。独立後に、JCD Design Award銀賞、SDレビュー入選、JIA中国建築大賞特別賞、DSA日本空間デザイン賞入選、キッズデザイン賞など。設計に関わり2018年4月に山口県長門市に開館した「長門おもちゃ美術館」は、8月末に来館者が2万人を超え多くの方に親しんで頂いている。

コーディネート
中崎 隆司(生活環境プロデューサー・建築ジャーナリスト)

生活環境の成熟化をテーマに都市と建築を対象にした取材・執筆ならびに、展覧会、フォーラム、研究会、商品開発などの企画、コーディネート、プロデュースをしている。著書に『建築の幸せ』『ゆるやかにつながる社会-建築家31人にみる新しい空間の様相―』『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』『半径一時間以内のまち作事』などがある。

協 賛   株式会社シェルター

 

 

協 力   湘南モノレール株式会社